壁面緑化

壁面緑化の効果とは?

人工物で覆われた都市では、壁面も大切な緑化空間のひとつです。壁面緑化は屋上緑化に比べて面積が確保しやすく容易に緑化が可能なことから注目を集めています。
また、都市緑化の自治体では壁面も緑化面積として認められるなど、緑化空間としての位置づけは高まっています。
壁面緑化に期待される効果には以下のものがあります。
屋上緑化同様、省エネ効果、いやし・リラックス効果、防火・防熱効果、ヒートアイランド現象の緩和があります。
さらに壁面緑化は、構造物の保護効果があります。
直射日光を遮ることで壁材の急激な温度変化による膨張と圧縮によって生じるひび割れを防ぎ、酸性雨や紫外線の直接の影響からも壁面を保護します。
そして最近注目を集めている効果として、落書き・ポスター貼り防止があげられます。
壁を植物で覆うことにより、落書きやポスター貼りが困難になり街の美化につながります。

壁面緑化を行うにあたって色々な植物がありますが、壁面緑化に適した植物をご紹介します。

ヘデラ(黄班紋種)

緑色に黄色の斑が入る小型~中型の葉でアイビーの名で広く好まれている植物の一種です。耐寒性は高く病害虫も付き難くい植物でとても丈夫です。

ゴーヤ

ゴーヤが強い生命力で、勝手にぐんぐん育ちます。病虫害にも比較的強く、葉の形がカエデのようで清涼感、風が吹くとやわらかい葉が揺れ、ヘチマに比べて室内も明るめなので癒し効果があります。

オカメヅタ

広くグランドカバーなどに使用されるやや大型の葉は、寒さにあたると赤紫色になりますが、春から夏にかけ緑色の葉が展開し色が一変します。丈夫な植物です。

PAGE TOP